CentOS 5
Sponsored Link

ZABBIX - 監視対象の追加(2)
2010/05/03
  監視対象にWindowsホストを追加してみます。 ここでは例として Windows Server 2008 x64 を監視対象としてみます。 なお、監視対象の Windows Server 2008 上でファイアウォールを有効にしている場合は、 ポート10050 をあけておく必要があります。

[1] 監視対象の Windows ホストで「http://www.zabbix.jp/modules/download1/」にアクセスし、 Windows用のバイナリファイルをダウンロードします。
 
[2] ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールします。 インストール過程は特に迷うところはないので割愛します。
 
[3] C:\Program Files (x86)\ZABBIX Agent\zabbix_agentd.conf を開きます。
 
[4] 「ListenIP」をコメント解除して、自身のIPアドレスに変更しておきます。
 
[5] ZABBIX Agent を再起動しておきます。
 
[6] ZABBIXの管理サイトにログインし、「設定」-「ホスト」を開き、「ホストの作成」をクリックします。
 
[7] 名前には適当なものを、DNS名にはDNS名を(ここではブランクとした)、 IPアドレスには監視対象のIPアドレスを入力します。接続方法は、ここではDNS名はブランクとしているので、 「IPアドレス」に変更します。さらに、テンプレートとのリンクの「追加」ボタンをクリックします。
 
[8] 右上のグループを「全て」にし、「Template_Windows」にチェックを入れ、下段の「選択」ボタンをクリックします。
 
[9] 下段の「保存」ボタンをクリックします。
 
[10] 新規に監視対象ホストが追加されました。
 
[11] 追加直後は「状態」が「不明」になっていますが、少し時間が経つと 以下のように「監視中」に変わり、追加したホストの状態も見ることができるようになります。
 
関連コンテンツ
 
Tweet