CentOS 5
Sponsored Link

ゲストOSにグラフィカルにアクセス
2009/04/20
  お遊びでホストOSからゲストOSにグラフィカルにアクセスしてみます。

[1] まずはこちらを参照して ( やるのは [1] のみでOK ) ホストOS, ゲストOS ともにデスクトップ環境を導入します。

[2] 次にこちらを参照して ( やるのは [1] と [5] ) ホストOSに VNCサーバーを導入します。

[3] 以上の準備が整ったら、ホストOSにVNCクライアントを導入します。
[root@ns ~]#
yum -y install vnc

Loading "installonlyn" plugin
Loading "fastestmirror" plugin
Setting up Install Process
Setting up repositories
base     100% |=========================| 1.1 kB 00:00
updates     100% |=========================|
951 B 00:00

addons     100% |=========================|
951 B 00:00

extras     100% |=========================| 1.1 kB 00:00
Loading mirror speeds from cached hostfile
Reading repository metadata in from local files
Parsing package install arguments
Resolving Dependencies
--> Populating transaction set with selected packages. Please wait.
---> Downloading header for vnc to pack into transaction set.
vnc.i386 0:4.1.2-9.el5     100% |=========================| 17 kB 00:00
---> Package vnc.i386 0:4.1.2-9.el5 set to be updated
--> Running transaction check

Dependencies Resolved

===================================================================
Package     Arch     Version     Repository     Size
===================================================================
Installing:
  ntp     x86_64     4.1.2-9.el5     base     160 k

Transaction Summary
===================================================================
Install 1 Package(s)
Update 0 Package(s)
Remove 0 Package(s)

Total download size: 160 k
Downloading Packages:
(1/1): vnc-4.1.2-9     100% |=========================| 160 k 00:00
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Installing:   vnc     ######################### [1/1]
Installed: vnc.i386 0:4.1.2-9.el5
Complete!
[root@ns ~]#
[4] X が起動したら、以下のように「VNC Viewer」を起動します。
 
[5] 以下のように「接続したいゲストOS:ディスプレイ番号」と入力し「OK」します。
 
[6] VNCパスワードの入力を求められます。 設定したディスプレイ番号のユーザーのパスワードを入力して Enter します。
 
[7] OS側のパスワード入力を求められます。
 
[8] 接続できました。ゲストOSもここからフツーに操作できます。
 
[9] 以下のように複数のゲストOSを1画面でGUI操作できます。
 
[10] クライアントのWindowsマシンから接続すると以下のようになります。 左上がホストOS, 右上がゲストOS 'www', 左下がゲストOS 'mail', 右下がゲストOS 'Fedora' となっています。
 
[11] 以下のように入れ子接続もできます。 最初にクライアントのWindowsマシンからホストOSへVNC接続し、 さらにそのホストOSからゲストOS 'www' にVNC接続し、 さらにさらにそのゲストOS 'www' からゲストOS 'mail' にVNC接続し、 さらにさらにさらにそのゲストOS 'mail' からゲストOS 'fedora' にVNC接続した画面です。
 
関連コンテンツ