CentOS 5
Sponsored Link

統合開発環境 Eclipse インストール
2010/09/18
  統合開発環境 Eclipse をインストールします。

[1] まずはこちらを参考に JAVA開発環境をインストールしておきます。

[2] Eclipse をインストールします。Eclipse はyumでインストールもできますが、今回は Eclipse のサイトからダウンロードしたものを使います。 以下のリンク先から、どれでもよいですが、ここでは3番目の「Eclipse Classic」をダウンロードします。
http://www.eclipse.org/downloads/
[3] ダウンロードしたファイルを、どこでも任意の場所 ( Eclipse を配置したい場所 ) に移動して展開します。 ここでは /usr/local 配下に展開します。
[4] 展開すると「eclipse」ディレクトリができます。
[5] メニューに Eclipse を登録しておきます。以下のように「Applications」の辺で右クリックし、「Edit Menus」を選択します。
[6] 「Programing」にでも登録しておきます。右にある「New Item」をクリックします。
[7] 名前は任意で、Command には eclipse ディレクトリ直下の 「eclipse」を選択します。Icon も任意ですが、 ここでは Eclipse 付属のものを指定しました。(eclipse ディレクトリ直下の「icon.xpm」)
[8] メニューに登録されたリンクから起動します。
[9] 起動するとワークスペースの選択を求められます。どこでも好みの場所でOKです。ここではデフォルトのまま次へいきます。
[10] Eclipse が起動しました。
関連コンテンツ
 
Tweet