CentOS 5
Sponsored Link

ゲストOS インストール
2010/04/24
  インストールした VMware Server にゲストOSを作成してみます。例として Windows server 2008 をインストールしてみます。

[1] まずは X を起動します。未導入の場合は デスクトップ環境の導入を参照ください。 X が起動したら以下のように ブラウザを起動して「https://127.0.0.1:8333/」にアクセスします。すると以下の画面になるので、 root ユーザーで認証してログインします。

なお、ここではローカルからログインしていますが、ブラウザ経由でのオペレーションなので、 もちろん他ホスト(Windowsクライアント等)からでも接続可能です。その場合はIPアドレスに VMware Server が稼働しているホストの IPを指定してください。
 
[2] 以下のように「Create Virtual Machine」を選択します。
 
[3] ゲストOSの名前を入力します。任意のもので構いません。
 
[4] インストールするOSを選択します。
 
[5] メモリサイズや使用する仮想CPUの数を選択します。
 
[6] 仮想ディスクを作成します。初めての場合はそのまま次へ進めばよいです。
 
[7] 仮想ディスクの容量や場所を指定します。
 
[8] ネットワークアダプタの追加です。そのまま次へで問題ありません。
 
[9] ネットワークアダプタの設定です。特別なことをしないのであればそのまま次へで問題ありません。
 
[10] CD/DVDメディアからインストールするのであればそのまま次へ。ISOイメージからインストールするのであれば 2段目にチェックを入れます。
 
[11] そのまま次へ。
 
[12] フロッピードライブの設定です。特に必要性を感じないので、ここでは使用しないことで進めていきます。 最下段の「Don't Add a Floppy Drive」を選択します。
 
[13] USBコントローラーの設定です。追加するのであれば上側をクリック、必要なければ下側をクリックして次へ進みます。
 
[14] ゲストOSの設定完了です。「Finish」をクリックします。
 
[15] 以下のように「Console」のタブに移り、画面中央のカーソルをクリックします。
 
[16] ゲストOSが起動し、インストーラが立ち上がります。後は通常のインストール手順と同じです。
 
[17] インストールが終了し、正常に Windows Server 2008 を起動できました。
 
関連コンテンツ
 
Tweet