CentOS 5
Sponsored Link

ゲストインストール
2009/04/23
  ESXi と管理端末のセットアップが終了したら、次はゲストOSをインストールします。 ゲストOSには CentOS 5 を使います。

[1] 管理端末からESXiにアクセスして、以下の「Create a new virtual machine」をクリックします。
 
[2] ゲストOSの作成ウィザードになります。以下のように、ここでは「Custom」を選択して進めていきます。
 
[3] ゲストOSの名前をつけます。テキトーに好きなものでけっこうです。
 
[4] ゲストOSの保存場所の指定です。複数ある場合は選択します。
 
[5] ゲストOSの種類です。CentOS 5 なので、まあ、以下のように RHEL 5 でも Other Linux でもいいんじゃないでしょうか。 ここでは以下のように RHEL 5 で進めてみます。
 
[6] 仮想CPUの数を指定します。
 
[7] メモリ容量の指定です。
 
[8] ネットワークの設定です。変更の必要があれば変更して次へ。ここではデフォルトのまま次へいきます。
 
[9] I/O アダプターの指定です。ここでは推奨通りにデフォルトのまま次へいきます。
 
[10] 仮想ディスクの選択です。新規作成する場合は以下のように1番上を選択です。
 
[11] 仮想ディスクの容量を指定します。
 
[12] 仮想ディスクのオプション指定です。通常は変更する必要がないと言っているので、 デフォルトのまま次へいきます。
 
[13] 仮想マシン作成ウィザード終了です。「Finish」をクリックして終わります。
 
[14] 仮想マシンの作成が終了すると、左のメニューに作成した仮想マシンが表示されるので、 そこをポイントして、右下の方の「Power on ~」をクリックして仮想マシンを起動します。
 
[15] 起動しても、そういえばOSをインストールしていないので起動できません。 ということで、インストールメディアを ESXi が入ったマシンのドライブに入れるか、 isoイメージを指定してインストールすることもできます。ここでは、以下のようにネットワーク上の isoイメージを選択してインストールしてみます。選択後、Ctrl + Alt + Insert キーで再起動し、 インストールイメージを読み込ませます。
 
[16] 以下のように CentOS 5 のインストーラが起動します。後の手順はOSのインストールと同じように進めていきます。
 
[17] インストールが終了し、OSを無事起動できました。
 
関連コンテンツ