CentOS 5
Sponsored Link

ゲストOS インストール
2008/08/13
  ゲストOSを作成してみます。例として Debian Lenny をインストールしてみます。 ウィザードに従って進めていくだけなので特に迷うところはないでしょう。

[1] まずは 'startx' コマンドで X を起動し、それからゲストOSをインストールします。Xがない場合は デスクトップ環境の導入を参照ください。 X が起動したらシステムツールの中の「Sun VirtualBox」を選択して起動します。すると以下のように ライセンスの同意を求められます。同意して次へ進みます。
 
[2] 以下のようにユーザー認証の画面になるので、登録したアカウントで認証するか、または、必要事項を入力して登録します。
 
[3] ゲストOSを新規に作成します。「New」をクリックします。
 
[4] 次へ進みます。
 
[5] ゲストOSの名前やインストールするOSのタイプを選択します。
 
[6] 割り当てるメモリ容量を指定します。
 
[7] 仮想ディスクの設定です。新規に作成するのでそのまま次へでOKです。
 
[8] 仮想ディスクのタイプを選択します。どちらでもよいですが、ここでは上側の可変サイズのイメージを選択しました。
 
[9] 名前と容量を指定します。双方とも任意のものを指定してやればよいです。
 
[10] 「完了」をクリックして次へ進みます。
 
[11] 基本設定が終わったので完了をクリックします。
 
[12] 以下の画面になります。メディアからインストールするのでドライブの設定をします。 「CD/DVD-ROM」をクリックします。
 
[13] 「Mount CD/DVD Drive」にチェックを入れてOKします。
 
[14] [12]の画面に戻ったら下の方の「Network」をクリックします。すると以下の画面になるので、 「Bridged Adapter」を選択してブリッジ接続できるようにしておきます。
 
[15] 以上で設定完了です。左上の「Start」ボタンをクリックしてゲストOSを起動します。 インストールメディアも忘れないように入れておきます。
 
[16] ゲストOSが起動し、Debian Lenny のインストーラが立ち上がります。後は通常のインストール手順と同じです。
 
[17] GUIなしで入れたので画面からは分かりにくいですが、Debian Lenny が起動した様子です。
 
関連コンテンツ
 
Tweet