CentOS 5
Sponsored Link

phpPgAdmin - Webブラウザから操作
2015/01/15
 
Webサーバーはインストール済みとして、 phpPgAdmin というパッケージをインストールして、WebブラウザでPostgreSQLの操作ができるようにします。
[1] まずは phpPgAdmin のインストールと設定です。
[root@www ~]#
yum --enablerepo=epel -y install phpPgAdmin php-pgsql
 
# EPELからインストール
[root@www ~]#
vi /etc/phpPgAdmin/config.inc.php
# 18行目:追記

$conf['servers'][0]['host'] = '
localhost
';
# 94行目:変更

$conf['owned_only'] =
true
;
[root@www ~]#
vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
# 70行目:アクセス許可範囲追記

host     all     all     127.0.0.1/32     ident sameuser
host     all     all     10.0.0.0/24     ident sameuser
[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/phpPgAdmin.conf
# 11行目:アクセス許可IP追記

Allow from 127.0.0.1
10.0.0.0/24
[root@www ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd reload

Reloading httpd:     [ OK ]
[2] 「http://(ホスト名)/phpPgAdmin」にアクセスして、左メニューの「PostgreSQL」をクリックします。
[3] PostgreSQL に登録したユーザー名とパスワードで認証します。
[4] ログインできました。この管理画面からPostgreSQLデータベースを操作することができます。
関連コンテンツ
 
Tweet