CentOS 5
Sponsored Link

Oracle Database 11g R2 インストール
2011/06/25
 
Oracle Database 11g R2 のインストールです。インストールはGUIで進みますので、 デスクトップ環境導入済みを前提として進めていきます。
[1] Oracle Databse 11g R2 の Linux 用を下記サイトからダウンロードしてサーバーの作業用一時ディレクトリにアップロードしておいてください。
http://www.oracle.com/technology/software/products/database/index.html
ダウンロード後、ファイルがある場所へ移動し、以下のようにファイルを展開し、インストーラーを起動します。 GUIでのインストールになるため、以下はXターミナル上から行います。
[oracle@db01 ~]$
cd tmp

[oracle@db01 tmp]$
unzip linux.x64_11gR2_database_1of2.zip

[oracle@db01 tmp]$
unzip linux.x64_11gR2_database_2of2.zip

[oracle@db01 tmp]$
./database/runInstaller
[2] 上記コマンド実行後、以下のようにインストーラが起動します。 まずはセキュリティに関する情報等を受け取るためのメールアドレスとOracleサポートのパスワードを入力します。
[3] データベースは後ほど作成するとして、ここでは中段のソフトウェアのみインストールするを選択して次へすすみます。
[4] ここでは上段のシングルインスタンスDBですすめます。
[5] 言語を選択します。
[6] インストールするエディションを選択します。
[7] Oracleのベースディレクトリやファイルの場所を指定します。変更したい場合は変更してください。 ここではデフォルトのまま進みます。
[8] インストール用ファイルのディレクトリを指定します。変更したい場合は変更してください。 ここではデフォルトのまま進みます。
[9] 特権グループを指定します。変更したい場合は変更してください。 ここではデフォルトのまま進みます。
[10] Oracle Databse をインストールするための推奨要件のチェックが走ります。 この画面は何かひっかかった場合のみ表示され、ひっかからない場合は、[11]の画面に飛びます。 普通にいけば何かひかかった場合は改善するか、もしくは大きな問題はないことが分かっていれば「Ignore All」に チェックを入れて次へ進んでください。
[11] これまで設定入力してきたもののサマリです。よければ「Finish」をクリックしてインストールを開始します。
[12] インストールが進行していきます。そこそこ時間がかかります。
[13] 以下の画面が表示され、rootで表示のスクリプトを実行するよう求められますので、別端末を開く等して以下のように実行してください。 実行後OKボタンをクリックしてください。
[root@db01 ~]#
/usr/oracle/oraInventory/orainstRoot.sh

Changing permissions of /usr/oracle/oraInventory.
Adding read,write permissions for group.
Removing read,write,execute permissions for world.
Changing groupname of /usr/oracle/oraInventory to oinstall.
The execution of the script is complete.
[root@db01 ~]#
/usr/oracle/app/product/11.2.0/dbhome_1/root.sh

Running Oracle 11g root.sh script...
The following environment variables are set as:
    ORACLE_OWNER= oracle
    ORACLE_HOME= /usr/oracle/app/product/11.2.0/dbhome_1
Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:   
# Enter

    Copying dbhome to /usr/local/bin ...
    Copying oraenv to /usr/local/bin ...
    Copying coraenv to /usr/local/bin ...
Creating /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root.sh script.
Now product-specific root actions will be performed.
Finished product-specific root actions.
[14] インストール完了です。「Close」ボタンをクリックして終了します。
[15] Oracle ユーザーの環境変数の設定と、インストールに使用した一時フォルダの削除をしておきます。
[oracle@db01 ~]$
vi ~/.bash_profile
# 最終行に追記

export ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/product/11.2.0/dbhome_1
export PATH=$PATH:$ORACLE_HOME/bin
[oracle@db01 ~]$
source ~/.bash_profile

[oracle@db01 ~]$
rm -rf tmp
関連コンテンツ
 
Tweet