CentOS 5
Sponsored Link

vsftpd を監視
2008/08/15
 
vftpdをクラスタ対象として設定してみます。 そのため vsftpd はインストール済みが前提です。
なお、2つのFTPサーバーは(2)の項で設定したものと同じく以下のような構成です。 また、設定は (2) で設定した httpd に vsftpd を追加する形で行います。
(1) www1.server-linux.info     [eth0:192.168.0.21] [eth1:10.0.0.21]
(2) www2.server-linux.info     [eth0:192.168.0.22] [eth1:10.0.0.22]
(3) cluster.server-linux.info     [仮想IP:192.168.0.100]
ちなみにここでは vsftpd を例にしましたが、この設定は samba や postfix 等、他の /etc/rc.d/init.d/ 配下の起動スクリプトに応用できます。 前項の httpd も以下の1行への変更でまかなうことが可能です。
基本は <primitive id="(テキトーなID名)" class="lsb" type="(起動スクリプト名)"/> でいけます。
[1] 両ホストで以下のように同じ設定をします。なお、vsftpd が起動している場合は、以下の設定をする前に停止して、自動起動もオフにしておいてください。 vsftpd の起動や停止は HeartBeat が制御します。
[root@www1 ~]#
/etc/rc.d/init.d/heartbeat stop

Stopping High-Availability services:
[  OK  ]
[root@www1 ~]#
cd /var/lib/heartbeat/crm

[root@www1 crm]#
rm -f cib.xml.*

[root@www1 crm]#
vi cib.xml
 <cib generated="true" admin_epoch="0" epoch="1" have_quorum="true" ignore_dtd="false" ccm_transition="2" num_peers="2" cib_feature_revision="2.0" dc_uuid="f8719a77-70b4-4e5f-851b-dafa7d65d3a2" num_updates="4" cib-last-written="Sun Jun 15 05:04:30 2008">
   <configuration>
     <crm_config>
       <cluster_property_set id="cib-bootstrap-options">
         <attributes>
           <nvpair id="cib-bootstrap-options-dc-version" name="dc-version" value="2.1.3-node: 552305612591183b1628baa5bc6e903e0f1e26a3"/>
         </attributes>
       </cluster_property_set>
     </crm_config>
     <nodes>
       <node id="2bbd6408-ec01-4b8c-bb8e-207237af3a99" uname="www1.server-linux.info" type="normal"/>
       <node id="f8719a77-70b4-4e5f-851b-dafa7d65d3a2" uname="www2.server-linux.info" type="normal"/>
     </nodes>
     <resources>
       <group id="group_apache">
         <primitive id="ipaddr" class="ocf" type="IPaddr" provider="heartbeat">
         <instance_attributes id="ia_ipaddr">
           <attributes>
             <nvpair id="ia_ipaddr_ip" name="ip" value="192.168.0.100"/>
             <nvpair id="ia_ipaddr_nic" name="nic" value="eth0"/>
             <nvpair id="ia_ipaddr_netmask" name="netmask" value="24"/>
           </attributes>
         </instance_attributes>
       </primitive>
      
# vsftpd用設定追記

       <primitive id="vsftpd" class="lsb" type="vsftpd"/>
       <primitive id="apache" class="ocf" type="apache" provider="heartbeat">
         <instance_attributes id="ia_apache">
           <attributes>
             <nvpair id="ia_apache_configfile" name="configfile" value="/etc/httpd/conf/httpd.conf"/>
           </attributes>
         </instance_attributes>
         </primitive>
       </group>
     </resources>
     <constraints/>
   </configuration>
 </cib>
[root@www1 crm]#
/etc/rc.d/init.d/heartbeat start

Starting High-Availability services:
[  OK  ]
[2] しばらく時間をおいて、両サーバーで crm_mon を実行して、以下のような結果が返ってくれば問題なしです。 プライマリ側で vsftpd が追加されて起動していることが分かります。
[root@www1 ~]#
crm_mon -i 3

Defaulting to one-shot mode
You need to have curses available at compile time to enable console mode
============
Last updated: Sun Jun 15 21:03:32 2008
Current DC: www2.server-linux.info (f8719a77-70b4-4e5f-851b-dafa7d65d3a2)
2 Nodes configured.
1 Resources configured.
============
Node: www1.server-linux.info (2bbd6408-ec01-4b8c-bb8e-207237af3a99): online
Node: www2.server-linux.info (f8719a77-70b4-4e5f-851b-dafa7d65d3a2): online
Resource Group: group_apache
    ipaddr     (heartbeat::ocf:IPaddr):     Started www1.server-linux.info
    vsftpd     (lsb:vsftpd):     Started www1.server-linux.info
    apache     (heartbeat::ocf:apache):     Started www1.server-linux.info
[3] テキトーにテストページを両サーバーのホームディレクトリに作成しておき、 FTPクライアントから仮想IPのアドレスにアクセスしてみます。 しっかりとプライマリサーバーが応答してくれています。
[4] プライマリ側で HeartBeat を強制的に落とし、フェイルオーバーするか確認してみます。
[root@www1 ~]#
/etc/rc.d/init.d/heartbeat stop

Stopping High-Availability services:
[  OK  ]
  数秒して仮想IPのアドレスにアクセスしてみると、しっかりと切り替わってくれています。
[5] プライマリ側で HeartBeat を再び起動し、フェイルバックするか確認してみます。
[root@www1 ~]#
/etc/rc.d/init.d/heartbeat start

Starting High-Availability services:
[  OK  ]
  数秒して仮想IPのアドレスにアクセスしてみると、しっかりと元に戻ってくれています。
関連コンテンツ