CentOS 5
Sponsored Link

HeartBeatのインストールと設定
2008/08/15
 
HeartBeat を導入してHA(High Availability)クラスタ構成にします。 アクティブサーバとスタンバイサーバ間で、アクティブサーバに障害が起こった場合、 スタンバイサーバに自動的にサービスを引き継がせることができます。
ここでは2つのサーバーをクラスタ対象として設定します。 2つのホストは以下のような構成です。なお、NICは2枚挿してあり、eth0をサービス用、eth1を監視用として使うようにします。
(1) www1.server-linux.info     [eth0:192.168.0.21] [eth1:10.0.0.21]
(2) www2.server-linux.info     [eth0:192.168.0.22] [eth1:10.0.0.22]
[1] まずは HeartBeat をインストールして設定します。両サーバーで以下のインストールと設定を同じようにします。
[root@www1 ~]#
yum -y install heartbeat

[root@www1 ~]#
yum -y install heartbeat
 
# エラーで1つ残るのでもう1回実行
[root@www1 ~]#
vi /etc/ha.d/authkeys
   
# 認証ファイル作成
auth 1
1 crc
[root@www1 ~]#
chmod 600 /etc/ha.d/authkeys
[2] (1)のサーバー固有の設定です。
[root@www1 ~]#
vi /etc/ha.d/ha.cf
crm on
# デバッグログ

debugfile /var/log/ha-debug
# ログファイル

logfile /var/log/ha-log
# シスログへの出力法

logfacility local0
# ハートビートの間隔

keepalive 2
# ノードダウンの認知時間

deadtime 30
# ping応答がない場合ダウンしたと認知する時間

deadping 40
# ハートビートが返ってこない場合警告となる時間

warntime 10
# 起動時に使用されるノードダウン認知時間

initdead 60
# 使用するポート

udpport 694
# 相手ホストのインターフェースとIPを指定

ucast eth1 10.0.0.22
# 自動フェイルバックオン

auto_failback on
# クラスタ参加のノード名。uname -n で表示される名前

node www1.server-linux.info
node www2.server-linux.info
respawn root /usr/lib/heartbeat/pingd -m 100 -d 5s -a default_ping_set
[3] (2)のサーバー固有の設定です。(1)のサーバーと異なるのは ucast で指定する相手ホストのIPアドレスのみです。
[root@www1 ~]#
vi /etc/ha.d/ha.cf
crm on
debugfile /var/log/ha-debug
logfile /var/log/ha-log
logfacility local0
keepalive 2
deadtime 30
deadping 40
warntime 10
initdead 60
udpport 694
# 相手ホストのインターフェースとIPを指定

ucast eth1 10.0.0.21
auto_failback on
node www1.server-linux.info
node www2.server-linux.info
respawn root /usr/lib/heartbeat/pingd -m 100 -d 5s -a default_ping_set
[4] 両サーバーで HeartBeat を起動します。
[root@www1 ~]#
/etc/rc.d/init.d/heartbeat start

Starting High-Availability services:
[ OK ]
[root@www1 ~]#
chkconfig heartbeat on
[5] 両サーバーで crm_mon を実行して、以下のような結果が返ってくれば問題なしです。 とりあえずここまでが基本設定です。何かしらのサービスをクラスタ構成にするには次項からの監視設定が必要になります。
[root@www1 ~]#
crm_mon -i 3

Defaulting to one-shot mode
You need to have curses available at compile time to enable console mode
============
Last updated: Sun Jun 15 05:04:34 2008
Current DC: www2.server-linux.info (f8719a77-70b4-4e5f-851b-dafa7d65d3a2)
2 Nodes configured.
0 Resources configured.
============
Node: www2.server-linux.info (f8719a77-70b4-4e5f-851b-dafa7d65d3a2): online
Node: www1.server-linux.info (2bbd6408-ec01-4b8c-bb8e-207237af3a99): online
関連コンテンツ
 
Tweet