CentOS 5
Sponsored Link

Func インストール
2010/05/03
 
システム管理フレームワーク Func(Fedora Unified Network Controller)をインストールします。 管理サーバーが多くて作業が大変な場合はこれを使うと便利です。簡単に言うと、certmaster となるサーバーから minion (クライアント) となる各サーバーに対して 様々な操作を行うことができます。
例として、ここでは以下のような環境で構築してみます。
(1) certmaster.srv.world     [10.0.0.5]     certmaster (サーバー)
(2) minion.srv.world     [10.0.0.6]     minion (クライアント)
[1] まずは certmaster とするサーバー、minion とするサーバーの双方へ func をインストールします。
[root@certmaster ~]#
yum --enablerepo=epel -y install func
 
# EPELからインストール
[2] certmaster とするサーバー側で certmaster を起動します。
[root@certmaster ~]#
/etc/rc.d/init.d/certmaster start

Starting certmaster daemon:
[root@certmaster ~]#
chkconfig certmaster on
[3] minion とするサーバー側で funcd を起動します。
[root@minion ~]#
vi /etc/certmaster/minion.conf
# configuration for minions
[main]
certmaster =
certmaster.srv.world
   
# certmasterのホスト名またはIPアドレス指定

certmaster_port = 51235
log_level = DEBUG
cert_dir = /etc/pki/certmaster
[root@minion ~]#
/etc/rc.d/init.d/funcd start

Starting func daemon:
[root@minion ~]#
chkconfig funcd on
[4] funcd の初回起動時には certmaster に対して証明書の署名リクエストが発生するので certmaster側で証明書へ署名します。以上で Func を使うための準備は完了です。
[root@certmaster ~]#
certmaster-ca --list

minion.srv.world    
# 証明書リクエスト元ホスト

[root@certmaster ~]#
certmaster-ca --sign minion.srv.world

/var/lib/certmaster/certmaster/csrs/minion.srv.world.csr signed - cert located at /var/lib/certmaster/certmaster/certs/minion.srv.world.cert
[root@certmaster ~]#
func "*" list_minions
   
# 動作確認

minion.srv.world
関連コンテンツ
 
Tweet