CentOS 5
Sponsored Link

初期設定
2010/05/03
  初期設定をしておきます。

[1] ブラウザから「https://(フロントエンドのホスト名, またはIPアドレス):8443/」へアクセスします。 すると以下の画面になります。初期設定はユーザー名/パスワード共に「admin」となっているので、入力してログインします。
 
[2] ログインするとまずパスワードの変更を求められます。変更して次へ進みます。
 
[3] 変更完了です。
 
[4] 管理者のメールアドレスを設定します。
 
[5] ストレージサーバーのアドレスを設定します。とりあえずそのまま次へ進みます。 後から変更することも可能です。
 
[6] 証明書を取得しておきます。 以下のように「Credentials」タブに移り、「Download Certificate」ボタンをクリックしてローカルに保存します。
 
[7] 取得した証明書をインストールしておきます。クライアントマシンから操作して保存した場合は、 FTPなりでサーバーにアップロードしておいてください。
[root@frontend ~]#
mkdir ~/.euca

[root@frontend ~]#
chmod 700 ~/.euca

[root@frontend ~]#
mv euca2-admin-x509.zip ~/.euca

[root@frontend ~]#
cd ~/.euca

[root@frontend .euca]#
unzip euca2-admin-x509.zip

Archive: euca2-admin-x509.zip
To setup the environment run: source /path/to/eucarc
  inflating: eucarc
  inflating: cloud-cert.pem
  inflating: euca2-admin-7886e658-pk.pem
  inflating: euca2-admin-7886e658-cert.pem
[root@frontend .euca]#
chmod 600 *

[root@frontend .euca]#
source eucarc

[root@frontend .euca]#
echo "source ~/.euca/eucarc" >> ~/.bashrc

[root@frontend .euca]#
[root@frontend ~]#
euca_conf -addcluster frontend 10.0.0.5
   
# フロントエンド登録

New cluster 'frontend' on host '10.0.0.5' successfully added.
[root@frontend ~]#
euca_conf -addnode "10.0.0.20"
   
# 計算ノード登録


We expect all nodes to have eucalyptus installed in /opt/eucalyptus.

Trying rsync to sync keys with node "10.0.0.20"
The authenticity of host '10.0.0.20 (10.0.0.20)' can't be established.
RSA key fingerprint is xx:xx:xx:xx:xx:xx.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?
yes

Warning: Permanently added '10.0.0.20' (RSA) to the list of known hosts.
root@10.0.0.20's password:

[root@frontend ~]#
euca_conf -nodes "10.0.0.20"

[root@frontend ~]#
euca_conf -synckeys


We expect all nodes to have eucalyptus installed in /opt/eucalyptus.

Trying rsync to sync keys with node "10.0.0.20"
root@10.0.0.20's password:    
# 計算ノードのrootパスワード


[root@frontend ~]#
euca-describe-availability-zones verbose

AVAILABILITYZONE
frontend     UP 10.0.0.5

AVAILABILITYZONE
|- vm types     free / max cpu ram disk

AVAILABILITYZONE
|- m1.small     0002 / 0002   1   128   2

AVAILABILITYZONE
|- c1.medium     0002 / 0002   1   256   5

AVAILABILITYZONE
|- m1.large     0001 / 0001   2   512  10

AVAILABILITYZONE
|- m1.xlarge     0001 / 0001   2   1024 20

AVAILABILITYZONE
|- c1.xlarge     0000 / 0000   4   2048 20

AVAILABILITYZONE
|- 10.0.0.20     certs[cc=true,nc=true] @ Tue Nov 03 22:46:08 JST 2009
関連コンテンツ
 
Tweet