CentOS 7
Sponsored Link

Tomcat 9 : Javaアプリケーションサーバー
2017/09/23
 
Tomcat 9 をインストールし、Javaアプリケーションをサーバーサイドで実行できる環境を構築します。
[1]
[2] Tomcat 9 のインストールと設定です。以下のサイトで最新のものを確認してダウンロードしてください。
⇒ http://ftp.riken.jp/net/apache/tomcat/tomcat-9/
[root@dlp ~]#
curl -O http://ftp.riken.jp/net/apache/tomcat/tomcat-9/v9.0.0.M27/bin/apache-tomcat-9.0.0.M27.tar.gz

[root@dlp ~]#
tar zxvf apache-tomcat-9.0.0.M27.tar.gz

[root@dlp ~]#
mv apache-tomcat-9.0.0.M27 /usr/libexec/tomcat9

[root@dlp ~]#
useradd -M -d /usr/libexec/tomcat9 tomcat

[root@dlp ~]#
chown -R tomcat. /usr/libexec/tomcat9
[3] Systemd 設定ファイルを作成しておきます。
[root@dlp ~]#
vi /usr/lib/systemd/system/tomcat9.service
# 新規作成

[Unit]
Description=Apache Tomcat 9
After=network.target

[Service]
Type=oneshot
ExecStart=/usr/libexec/tomcat9/bin/startup.sh
ExecStop=/usr/libexec/tomcat9/bin/shutdown.sh
RemainAfterExit=yes
User=tomcat
Group=tomcat

[Install]
WantedBy=multi-user.target

[root@dlp ~]#
systemctl start tomcat9

[root@dlp ~]#
systemctl enable tomcat9

[4] ローカルホスト または 任意のクライアントで Webブラウザを起動し、 [http://(サーバーホスト名またはIPアドレス):8080/] にアクセスして、Tomcat デフォルトページが表示されることを確認します。
[5] 現在の日時を表示するテストサーブレットを作成して動作を確認します。
[root@dlp ~]#
mkdir /usr/libexec/tomcat9/webapps/ROOT/WEB-INF/classes

[root@dlp ~]#
chown tomcat. /usr/libexec/tomcat9/webapps/ROOT/WEB-INF/classes

[root@dlp ~]#
cd /usr/libexec/tomcat9/webapps/ROOT/WEB-INF/classes

[root@dlp classes]#
vi daytime.java
import java.io.*;
import javax.servlet.*;
import javax.servlet.http.*;
import java.util.Calendar;

public class daytime extends HttpServlet {
    public void doGet(HttpServletRequest request
    ,HttpServletResponse response)

    throws IOException, ServletException{
        response.setContentType("text/html");
        PrintWriter out = response.getWriter();
        Calendar cal = Calendar.getInstance();
        out.println("<html>\n<head>\n<title>DayTime</title>\n</head>\n<body>");
        out.println("<div style=\"font-size: 40px; text-align: center; font-weight: bold\">");
        out.println(cal.get(Calendar.YEAR) + "/" + (cal.get(Calendar.MONTH) + 1) + "/" + 
        cal.get(Calendar.DATE) + " " + cal.get(Calendar.HOUR_OF_DAY) + ":" + cal.get(Calendar.MINUTE));
        out.println("</div>\n</body>\n</html>");
    }
}

[root@dlp classes]#
javac -classpath /usr/libexec/tomcat9/lib/servlet-api.jar daytime.java

[root@dlp classes]#
vi /usr/libexec/tomcat9/webapps/ROOT/WEB-INF/web.xml
# 以下を<web-app> - </web-app>の間の適当なところへ追記

  <servlet>
     <servlet-name>daytime</servlet-name>
     <servlet-class>daytime</servlet-class>
  </servlet>
  <servlet-mapping>
     <servlet-name>daytime</servlet-name>
     <url-pattern>/daytime</url-pattern>
  </servlet-mapping>
[6] [http://(サーバーのホスト名またはIPアドレス):8080/daytime] にアクセスして、以下のようなページが表示されることを確認します。
[7] Apache http サーバーと連携し、URLに 8080 を指定しなくてもアクセスできるようにする場合は、以下のように設定します。 事前にこちらを参考に Apache http サーバーをインストールして起動しておきます。
[root@dlp ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf
# 最終行に追記

ProxyPass /tomcat9/ ajp://localhost:8009/
[root@dlp ~]#
systemctl restart httpd

[8] [http://(サーバーのホスト名またはIPアドレス)/tomcat9/] にアクセスして、デフォルトページが表示されることを確認します。
 
Tweet