CentOS 7
Sponsored Link

Sensu : 監視対象ノードを追加する (Windows)
2017/11/08
 
Sensu Client は Linux 用のみならず、Windows や macOS, FreeBSD, Solaris, IBM の AIX など多くの OS に対応しています。
当例では、Windows Server に Sensu Client for Windows をインストールします。
[1]
Sensu のダウンロードサイトより、対象の Windows Server へ Sensu Client インストーラーをダウンロードしてインストールします。インストールは次へ次へと進めれば OK です。 インストールパスの変更は公式では非推奨です。
⇒ https://sensuapp.org/downloads
[2] インストール後、[C:\opt\sensu] 配下に [config.json] ファイル (空で OK) と [conf.d] フォルダーを作成します。
[3] 作成した [conf.d] フォルダー直下へ、[client.json], [transport.json], [redis.json] ファイルを作成します。
[4] 作成した [client.json], [transport.json], [redis.json] ファイルをそれぞれ以下のように設定します。
[client.json] 中の [address] は 自身のアドレス、[redis.json] 中の [host] は Sensu サーバーのアドレスです。 なお、メッセージブローカーに Redis ではなく RabbitMQ を使用している場合は自身の環境用に変更ください。
[5] 管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、以下のように実行します。
C:> sc create sensu-client start=delayed-auto binPath="C:\opt\sensu\bin\sensu-client.exe" DisplayName="Sensu Client"
[6] [Sensu Client] サービスが登録されているので、サービスを起動します。以上で設定完了です。
[7] Uchiwa ダッシュボードにアクセスして追加ノードのデータが取得されているか確認しておきます。
 
Tweet