CentOS 7
Sponsored Link

NextCloud インストール
2017/08/27
 
クラウドストレージサーバー NextCloud をインストールします。
[1]
[2]
[3]
[4] NextCloud のインストールです。
# EPELからインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel -y install php-smbclient

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel -y install nextcloud
[root@dlp ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/nextcloud.conf
# 24行目:変更 (ローカルホスト以外からのアクセスも許可する)

<Directory /usr/share/nextcloud/>
    Include conf.d/nextcloud-auth-any.inc 

[root@dlp ~]#
systemctl restart httpd

[5] NextCloud 用のユーザーとデータベースを MariaDB に登録します。
[root@dlp ~]#
mysql -u root -p

Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 10
Server version: 5.5.52-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2016, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]>
create database nextcloud;

Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]>
grant all privileges on nextcloud.* to nextcloud@'localhost' identified by 'password';

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]>
flush privileges;

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]>
exit

Bye
[6] 任意のクライアントコンピュータから Webブラウザで [http://(ホスト名またはIPアドレス)/nextcloud/] へアクセスします。 すると以下のような画面が表示されるので、任意のユーザー名とパスワードを入力して管理者ユーザーの登録をします。 さらに、データベースの設定で [MySQL/MariaDB] をクリックして選択し、事前に作成した NextCloud 用のユーザーとデータベースを指定します。 全て入力後、[Finish setup] をクリックします。
[7] 初回アクセス時に表示される画面です。
[8] NextCloud のメイン画面になります。以上で NextCloud のインストールは完了です。
[9] 設定画面から容易に日本語表示に切り替えることも可能です。
 
Tweet