CentOS 7
Sponsored Link

Grafana : インストール
2017/10/26
 
Web ダッシュボードツール Grafana のインストールです。
Grafana はデータベースに蓄積したデータの可視化が主機能であるため、利用するためには別途 Grafana が対応したデータベースが必要です。対応データベースには下記のようなものがあります。
Graphite, Prometheus, Elasticsearch, InfluxDB, OpenTSDB, AWS Cloudwatch, MySQL, PostgreSQL
[1] Grafana のリポジトリを設定してインストールします。
[root@dlp ~]#
cat > /etc/yum.repos.d/grafana.repo <<'EOF'
[grafana]
name=grafana
baseurl=https://packagecloud.io/grafana/stable/el/7/$basearch
gpgkey=https://packagecloud.io/gpg.key https://grafanarel.s3.amazonaws.com/RPM-GPG-KEY-grafana
enabled=0
gpgcheck=1
EOF
[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=grafana -y install grafana initscripts fontconfig
[root@dlp ~]#
vi /etc/grafana/grafana.ini
# 30行目:コメント解除 (SSL/TLS 利用の場合は [https] に変更)

protocol = http
# 36行目:コメント解除 (ポートを変更する場合は変更)

http_port = 3000
# 39行目:コメント解除 (表示のドメイン名を変更する場合は変更)

domain =
dlp.srv.world
[root@dlp ~]#
systemctl start grafana-server

[root@dlp ~]#
systemctl enable grafana-server
[2] Firewalld を有効にしている場合は、サービスポートの許可が必要です。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-port=3000/tcp --permanent

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --reload

success
[3] 任意のクライアントコンピューターで Webブラウザを起動し [http://(Grafanaサーバーのホスト名またはIPアドレス):3000/] にアクセスします。 すると、Grafana のログインフォームが表示されます。デフォルトユーザー [admin], 初期パスワード [admin] で認証可能です。
[4] 正常に認証完了すると Grafana のホーム画面が表示されます。
[5] まず最初に、ユーザープロファイルの設定で admin パスワードは変更しておきましょう。
[6] 以上で Grafana のインストールは終了ですが、例として、Graphite のデータソースでダッシュボードを作成します。
ホーム画面から [Add data source] アイコンをクリックします。
[7] [Name] には任意の名前、[Type] には [Graphite] を選択します。
Graphite はリンク先の通りインストールしているものとして、ローカルホスト上で稼働中であることを前提とします。
その前提の上で、[URL] には [http://localhost/] を入力し、[Access] には [proxy] を選択します。
以上で最低限の設定は OK ですので、下段の [Add] ボタンをクリックします。
[8] 正常に登録されると以下のように [Data source is working] と表示されます。次に上段の [Dashboards] タブに移動します。
[9] 右側の [Import] ボタンをクリックしてデータをインポートします。以上で OK です。ホーム画面に戻ります。
[10] ホーム画面に戻ると、左下の方に登録したダッシュボードが表示されています。クリックしてダッシュボードに移動できます。
[11] 作成したダッシュボードを開くと、取りこまれた Graphite のデータがグラフで閲覧できます。
 
Tweet