CentOS 6
Sponsored Link

Zabbix : 初期セットアップ
2015/02/05
 
Zabbix の初期セットアップを行います。
[1] Zabbix サーバーの httpd でアクセス許可したネットワーク範囲内の任意のコンピュータから Webブラウザを起動して「http://(Zabbixサーバーのホスト名またはIPアドレス)/zabbix/」にアクセスします。 すると以下の画面になるので、「Next」をクリックして初期セットアップを進めます。

 

[2] システム要件を満たしているかのチェックになります。全て「OK」であることを確認し、「Next」をクリックして次へ進めます。

 

[3] データベース接続の設定になります。デフォルトでは「User」のフィールドが「root」になっているので「zabbix」に変更し、DBパスワードを入力します。 全て問題なければ「Test Connection」をクリックします。以下のように「OK」と出れば「Next」をクリックして次へ進めることができます。

   

[4] Zabbix サーバーへの接続情報の設定になります。ローカルであればデフォルトのままで「OK」です。 「Name」フィールドは必要であれば、分かりやすい名前に変更しておくとよいでしょう。

 

[5] これまでの設定の確認です。問題なければ次へ進めてください

 

[6] 「Finish」をクリックして初期セットアップ完了です。

 

[7] ログイン画面になります。ユーザー名「admin」、初期パスワード「zabbix」でログイン可能です。

 

[8] ログインできました。以下が Zabbix の管理画面になります。
 
Tweet