CentOS 6
Sponsored Link

KVM - インストールする
2014/01/29
 
CentOS Linux デフォルトの仮想化基盤 KVM をインストールして、他の Linux や Windows が使えるようにしてみましょう。
[1] 「システム」-「管理」-「ソフトウェアの追加と削除」をクリックして開いてください。
[2] 左上の検索ボックスに「qemu-kvm」と入力して検索実行し、以下のようにチェックを入れてください。
[3] 次に左上の検索ボックスに「libvirt」と入力して検索実行し、以下のようにチェックを入れてください。
[4] 次に左上の検索ボックスに「virt-manager」と入力して検索実行し、以下のようにヒットした1件にチェックを入れてください。 これで必要なものは揃ったので、下の「適用」ボタンをクリックしてください。
[5] ソフトウェア同士の依存関係で他にもいくつかインストールされます。 「インストール」ボタンをクリックして続行してください。
[6] rootパスワードを求められるので、入力して認証してください。 認証が成功するとインストールが開始し、ほどなくして完了します。
[7] インストールが完了すると早速起動するか問われますが、「閉じる」をクリックしてキャンセルしてください。
[8] デスクトップに戻り「システム」-「管理」-「サービス」をクリックして開いてください。
[9] 左ペインで真ん中あたりまでスクロールして、以下のように「libvirtd」にフォーカスを合わせ、上段の「開始」ボタンをクリックしてください。
[10] rootパスワードを求められるので、入力して認証してください。
[11] 認証が成功すると「libvirtd」サービスが開始します。以上でインストール完了です。
 
Tweet