CentOS 6
Sponsored Link

KNotes - 付箋アプリの自動起動設定
2013/06/15
 
付箋アプリは一旦ログアウトして再度ログインすると、当然起動していない状態となるので、 デスクトップ上に配置したメモは、ログインするたびにわざわざ「アプリケーション」-「アクセサリ」-「KNotes」 をクリックして起動してやらないとメモが表示されません。しかしそれは面倒なので、自動的に起動するように設定しておくと便利です。
[1] 「システム」-「設定」-「自動起動するアプリ」をクリックして起動してください。
[2] 自動起動するアプリの設定画面が起動します。ここで右の「追加」ボタンをクリックしてください。
[3] ここで付箋アプリを追加してやります。 「名前」の欄には任意の名前を、「コマンド」の欄には「/usr/bin/knotes」と入力してください。 「説明」の欄は任意の説明書きを入力してください。空白のままでもかまいません。 全てOKであれば下の「追加」ボタンをクリックしてください。 すると一つ前の[2]の画面に戻るので「閉じる」をクリックして終了してください。
[4] 以上で自動起動の設定は完了です。一旦ログアウトして再ログインしてみてください。 デスクトップ上のメモが自動的に出てくるようになっているはずです。
 
Tweet