CentOS 6
 

Wake on Lan - 遠隔操作でコンピュータを起動する
2011/07/12
 
サーバーは通常、常時電源を入れているため、遠隔地より起動したりする必要はないでしょうが、 テストサーバー等であると常時電源を入れていないこともあります。 そんなとき、遠隔地より起動させることができたら便利です。 ここではそれを可能にする設定をします。
[1] Wake on Lan で起動させたいマシン側の設定
[root@dlp ~]#
yum -y install ethtool
[root@dlp ~]#
ethtool -s eth0 wol g

[root@dlp ~]#
vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
# 最終行に追記

ETHTOOL_OPTS="wol g"
[root@dlp ~]#
ifconfig eth0 | grep HWaddr | awk '{print $5}'

00:22:68:5E:34:06    
# メモっておく
[root@dlp ~]#
shutdown -h now
[2] 起動操作を行うマシン側には必要なものをインストールしたら、"ether-wake [対象マシンのMACアドレス]" で対象マシンを起動できます。
[root@wol ~]#
yum -y install net-tools
# ether-wake [対象マシンのMACアドレス]

[root@wol ~]#
ether-wake 00:22:68:5E:34:06
   
# マジックパケット送信

 
Tweet