CentOS 6
Sponsored Link

SELinux : ポートのタイプを変更する
2016/07/26
 
SELinux ではポートに対してもタイプが付与されています。
タイプが設定されていないポートでサービスを起動しようとすると SELinux によってアクセス拒否されます。
[1] ポートに付与されているタイプの一覧は semanage コマンドで確認できます。
[root@dlp ~]#
semanage port -l

SELinux Port Type              Proto    Port Number

afs_bos_port_t                 udp      7007
afs_client_port_t              udp      7001
afs_fs_port_t                  tcp      2040
.....
.....
zented_port_t                  udp      1229
zope_port_t                    tcp      8021
[2]
例として httpd で 82 番ポートを利用する際のポートのタイプについて設定します。
以下のように http のデフォルトポートである 80 や https の 443 で検索すると、「http_port_t」というタイプが割り当てられていることが分かります。ここに 82 番ポートは指定されていないため、httpd.conf 側で正しく設定したとしても 82 番ポートでは起動できません。82 番ポートを利用するには「http_port_t」に 82 番ポートを追加する必要があります。
# 現在の設定確認

[root@dlp ~]#
semanage port -l | grep -E -w "80|443"

http_port_t                    tcp      80, 81, 443, 488, 8008, 8009, 8443, 9000

# 82 番を追加する

[root@dlp ~]#
semanage port -a -t http_port_t -p tcp 82
[root@dlp ~]#
semanage port -l | grep "^http_port_t"

http_port_t                    tcp      82, 80, 81, 443, 488, 8008, 8009, 8443, 9000
# 追加された

# httpd の設定を変更した後、サービス再起動して確認

[root@dlp ~]#
netstat -lnp | grep httpd

tcp        0      0 :::82                       :::*                        LISTEN      1352/httpd
# httpd が 82 でリスンしている
 
Tweet