CentOS 6
Sponsored Link

Ruby 1.9 インストール
2013/02/20
 
CentOS 6 標準の Ruby のバージョンは 1.8系ですが、1.9系を RPM パッケージでインストールします。
[1] CentOS SCLo Software Collections からインストール可能です。
なお、デフォルトバージョンの 1.8系がインストールされた状態でも、Software Collections パッケージは別パスにインスールされるため、複数バージョンの共存が可能となっています。
# SCLoからインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=centos-sclo-rh -y install ruby193
[2] Software Collections パッケージは /opt 配下にインストールされます。
環境変数を読み込んで利用するには以下のように実行します。
# 環境変数を読み込む

[root@dlp ~]#
scl enable ruby193 bash
[root@dlp ~]#
ruby -v

ruby 1.9.3p484 (2013-11-22) [x86_64-linux]
[root@dlp ~]#
which ruby

/opt/rh/ruby193/root/usr/bin/ruby
[3] ログイン時に自動的に有効にするには以下のように設定します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/profile.d/ruby193.sh
# 以下の内容で新規作成

#!/bin/bash

source /opt/rh/ruby193/enable
export X_SCLS="`scl enable ruby193 'echo $X_SCLS'`"
 
Tweet