CentOS 6
Sponsored Link

Ruby on Rails 5
2016/07/28
 
Ruby フレームワーク Ruby on Rails 5 をインストールします。
[1]
こちらを参考に Ruby 2.2 をインストールして有効にしておきます。
[2] その他必要なパッケージをインストールしておきます。
# EPEL, SCLoからインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel,centos-sclo-rh -y install rh-ruby22-ruby-devel nodejs gcc make libxml2 libxml2-devel mysql-devel zlib-devel libxslt-devel
[3] Rails 5 をインストールします。
[root@dlp ~]#
gem install bundler

[root@dlp ~]#
gem install nokogiri -- --use-system-libraries

[root@dlp ~]#
gem install rails --no-ri --no-rdoc

[root@dlp ~]#
rails -v

Rails 5.0.0
[4] テストアプリケーションを作成して動作確認します。
事前に、こちらを参考に MySQL サーバーをインストールしておきます。
[root@dlp ~]#
gem install mysql2 --no-ri --no-rdoc -- --with-mysql-config=/usr/bin/mysql_config

[root@dlp ~]#
rails new SampleApp -d mysql

[root@dlp ~]#
cd SampleApp

[root@dlp SampleApp]#
vi config/database.yml
default: &default
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  pool: 5
  username: root
  password:
password
 
# MySQL接続パスワード

  socket: /var/lib/mysql/mysql.sock
# テストアプリケーション作成

[root@dlp SampleApp]#
rails db:create

Created database 'SampleApp_development'
Created database 'SampleApp_test'
[root@dlp SampleApp]#
rails generate scaffold testapp name:string title:string body:text

[root@dlp SampleApp]#
rails db:migrate

[root@dlp SampleApp]#
rails server --binding=0.0.0.0

=> Booting Puma
=> Rails 5.0.0 application starting in development on http://0.0.0.0:3000
=> Run `rails server -h` for more startup options
Puma starting in single mode...
* Version 3.6.0 (ruby 2.2.2-p95), codename: Sleepy Sunday Serenity
* Min threads: 5, max threads: 5
* Environment: development
* Listening on tcp://0.0.0.0:3000
Use Ctrl-C to stop
[5] 任意のクライアントコンピュータで Webブラウザを起動し、「http://(ホスト名またはIPアドレス):3000/」にアクセスして、 以下のようなページが表示されれば OK です。
  「http://(ホスト名またはIPアドレス):3000/testapps/」にアクセスすると、作成したテストアプリケーションの画面が利用できます。
 
Tweet