CentOS 6
Sponsored Link

Puppet - 使い方 [node の設定]
2014/01/26
 
複数の Puppet クライアントが存在する場合、全てのクライアントで同じ構成とは限りません。 そのような場合は「node」宣言を使って、クライアント別にマニフェストを指定できます。
[1] 「www01.srv.world」クライアントには「/home/testfile.txt」を維持する設定を、 それ以外のクライアントには 「cent」ユーザーを維持する設定を適用する。
[root@dlp ~]#
vi /etc/puppet/manifests/site.pp
node 'www01.srv.world' {
    file { '/home/testfile.txt':
        ensure  => file,
        owner   => 'root',
        group   => 'root',
        mode    => 644,
        content => 'This is the puppet test file.',
    }
}
node default {
    user { 'cent':
        ensure     => present,
        home       => '/home/cent',
        managehome => true,
        password   => '$6$0XTc2rjlxxxxxxxx',
    }
}
[2] 「www01.srv.world」クライアントには「/home/testfile.txt」を維持する設定を、 「www.srv.world」は「www01.srv.world」の設定を継承し、追加で「/home/testfile2.txt」を維持する設定を、 それ以外のクライアントには 「cent」ユーザーを維持する設定を適用する。
(継承により「www.srv.world」では「/home/testfile.txt」と「/home/testfile2.txt」が維持されます)
[root@dlp ~]#
vi /etc/puppet/manifests/site.pp
node 'www01.srv.world' {
    file { '/home/testfile.txt':
        ensure  => file,
        owner   => 'root',
        group   => 'root',
        mode    => 644,
        content => 'This is the puppet test file.',
    }
}
node 'www.srv.world' inherits 'www01.srv.world' {
    file { '/home/testfile2.txt':
        ensure  => file,
        content => 'inherits test file.',
    }
}
node default {
    user { 'cent':
        ensure     => present,
        home       => '/home/cent',
        managehome => true,
        password   => '$6$0XTc2rjlxxxxxxxx',
    }
}
 
Tweet