CentOS 6
Sponsored Link

NTPクライアントの設定 : CentOS
2014/08/02
 
NTP クライアントの設定です。
[1]
CentOS での NTP クライアントの設定はサーバー設定とほぼ同様のため、 NTPd の設定Chrony の設定 を参照ください。 サーバー設定と異なる箇所は、クライアントとしてのみ動作させる場合は、他ホストからの時刻同期要求に応答する必要はないため、 時刻同期を許可するネットワーク範囲を設定しなくともよく、そのため Firewalld での受信許可設定も不要になる点が異なります。
[2] 時刻同期サービスを起動せず、コマンドで即時に時刻合わせをする場合は、ntpdate で実行可能です。
電源 ON/OFF が頻繁に発生する PC 用途のコンピューター等で、OS 起動時に時刻合わせを実行すれば十分な場合の用途で利用します。
[root@dlp ~]#
yum -y install ntpdate
# 時刻同期

[root@dlp ~]#
ntpdate ntp1.jst.mfeed.ad.jp

24 Jan 11:35:15 ntpdate[5740]: adjust time server xxx.xxx.xxx.xxx offset 0.004626 sec
# システム起動時に実行

[root@dlp ~]#
chkconfig ntpdate on

NTPクライアントの設定 : Windows
 
Windows クライアントから NTP サーバーと時刻同期する場合の設定です。Windows 10 Pro を例にします。
[3] 「コントロールパネル」-「日付と時刻」を開き、「インターネット時刻」のタブに移動して、「設定の変更」ボタンをクリックします。
[4] 「サーバー」のフィールドに同期したい NTP サーバーのホスト名または IPアドレスを入力して「今すぐ更新」ボタンをクリックします。
[5] 正常に同期が完了すると以下のようなメッセージが表示されます。以上で時刻同期完了です。
なお、デフォルトでは 86400秒(1日)間隔での同期実行となっています。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders\NtpClient\SpecialPollInterval
[6]
NTP クライアントサービスを有効にしたい場合は、以下のように設定します。
スタートアイコンを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開き、以下のように「gpedit.msc」と入力してローカルグループポリシーエディターを起動します。
[7] 「管理用テンプレート」-「システム」-「Windows タイムサービス」-「タイムプロバイダー」をクリックし、 右メニューで「Windows NTPクライアントを有効にする」をダブルクリックして開きます。
[8] 以下のように左上の「有効」にチェックを入れ「適用」します。
[9] 右メニューで「Windows NTPクライアントを構成する」をダブルクリックして開きます。
[10]
「NtpServer」のフィールドに、時刻同期したいサーバーのホスト名 または IPアドレスを入力します。
サーバー名の次の 0x9 は通常はデフォルトのままで OK です。数値の意味は下記の通りで、0x9 は 0x01 + 0x08 になります。
0x01 SpecialInterval
0x02 UseAsFallbackOnly
0x04 SymmetricActive
0x08 NTP request in Client mode
「Type」のフィールドはドメイン外コンピュータであれば「NTP」に変更します。ドメイン参加コンピュータであれば、デフォルトの「NT5DS」のままで OK です。
「SpecialPollInterval」のフィールドは時刻同期の間隔です。秒で設定します。デフォルトは 3600秒となっています。
以上でグループポリシーエディターは終了して OK です。
[11] 「コントロールパネル」-「管理ツール」-「サービス」を開き、「Windows Time」サービスを選択して、左上の「サービスの開始」またはすでに開始している場合は、「サービスの再起動」を実行します。 さらにスタートアップの種類が「手動」となっている場合は「自動」に変更しておきます。以上で NTPクライアントの設定は完了です。
 
Tweet