CentOS 6
Sponsored Link

Munin : 監視対象項目を追加する
2015/02/18
 
プラグインを有効にして、監視対象項目を追加します。
プラグインはこちらで確認した通りのパスに配置されていますが、 これら以外にも以下のサイトからサードパーティ提供のプラグインを取得して利用したり、また、自作することも可能です。
⇒ https://github.com/munin-monitoring/contrib/
例として munin-node パッケージ同梱の Apache アクセスのプラグインを有効にし、監視項目を追加します。
[1] プラグインを有効にする対象のノードで設定します。
[root@node01 ~]#
ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_accesses /etc/munin/plugins/apache_accesses

[root@node01 ~]#
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
# 228行目:コメント解除

ExtendedStatus On
# 921-926行目:コメント解除

<Location /server-status>
  SetHandler server-status
  Order deny,allow
  Deny from all
  Allow from
127.0.0.1
 
# アクセス許可変更

</Location>
[root@node01 ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

Stopping httpd:     [ OK ]
Starting httpd:     [ OK ]
[root@node01 ~]#
/etc/rc.d/init.d/munin-node restart

Stopping Munin Node agents:     [ OK ]
Starting Munin Node:     [ OK ]
[2] 数分後に Munin の管理サイトにログインすると、以下のように設定した監視対象項目が表示されます。
 
Tweet