CentOS 6
Sponsored Link

Dovecot インストール/設定
2014/08/22
 
Dovecot をインストールして POP/IMAP サーバーを構築します。
[1] Dovecot をインストールします。
[root@mail ~]#
yum -y install dovecot
[2] Postfix に SASL 機能が提供できるよう Dovecot を設定します。
[root@mail ~]#
vi /etc/dovecot/dovecot.conf
# 26行目:変更 ( IPv6をリスンしない場合 )

listen =
*
[root@mail ~]#
vi /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf
# 9行目:コメント解除し変更(プレーンテキスト認証も許可する)

disable_plaintext_auth =
no
# 97行目:追記

auth_mechanisms = plain
login
[root@mail ~]#
vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf
# 30行目:コメント解除して追記

mail_location =
maildir:~/Maildir
[root@mail ~]#
vi /etc/dovecot/conf.d/10-master.conf
# 88-90行目:コメント解除し追記

# Postfix smtp-auth
unix_listener /var/spool/postfix/private/auth {
    mode = 0666
    user = postfix
    group = postfix

}
[root@mail ~]#
/etc/rc.d/init.d/dovecot start

Starting Dovecot Imap:     [  OK  ]
[root@mail ~]#
chkconfig dovecot on

[3] IPTables を有効にしている場合は、POP/IMAP ポートの許可が必要です。POP は 110/TCP, IMAP は 143/TCP を使用します。「-I INPUT 5」の箇所は自身の環境を確認して、適切な値に置き換えてください。
[root@dlp ~]#
iptables -I INPUT 5 -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 110 -j ACCEPT

[root@dlp ~]#
iptables -I INPUT 6 -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 143 -j ACCEPT

 
Tweet