CentOS 6
Sponsored Link

KVM をネストする
2013/10/22
 
KVM ゲスト上に KVM をインストールして仮想マシンを作成できるようにします。
仮想化の入れ子により、より少ない物理マシンでより多くのアプリケーションテストができるようになります。
[1] CentOS 6系 のカーネルは 2.6.32系で、Nested KVM 未対応となっています。 よって、まずは Nested KVM 対応カーネルに入れ替える必要があります。
[root@dlp ~]#
yum -y install centos-release-xen
[root@dlp ~]#
sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/CentOS-Xen.repo
[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=Xen4CentOS -y update kernel
[root@dlp ~]#
vi /boot/grub/grub.conf
# kernel 行の最後に以下のように追記

kernel /vmlinuz-3.4.61-9.el6.centos.alt.x86_64 ro root=/dev/mapper/VolGroup-lv_root
rd_NO_LUKS LANG=en_US.UTF-8 rd_NO_MD rd_LVM_LV=VolGroup/lv_swap SYSFONT=latarcyrheb-sun16
crashkernel=auto console=ttyS0,115200n8 rd_LVM_LV=VolGroup/lv_root
KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=us rd_NO_DM
kvm-intel.nested=1
[root@dlp ~]#
# 設定確認 ( 結果が「Y」となっていればOK )

[root@dlp ~]#
cat /sys/module/kvm_intel/parameters/nested

Y
[2] 搭載しているCPUのモデルを調べておきます。
[root@dlp ~]#
virsh capabilities | egrep "/model|/vendor"

<model>SandyBridge</model>    
# CPUモデル

<vendor>Intel</vendor>    
# CPUベンダー

<model>none</model>
<model>dac</model>
[3] 既存の仮想マシンに以下のような設定を加えてください。 これでゲスト上でもKVMインストール/仮想マシンの作成ができるようなります。
[root@dlp ~]#
virsh edit www
   
# 仮想マシン「www」の設定編集
# 適用な箇所に以下を追記する

<cpu mode='custom' match='exact'>
 
# [2]で調べたCPUモデル

  <model fallback='allow'>SandyBridge</model>
 
# [2]で調べたCPUベンダー

  <vendor>Intel</vendor>
  <feature policy='require' name='vmx'/>
</cpu>
 
Tweet