CentOS 6
Sponsored Link

日本語環境にする
2014/08/10
 
日本語環境にしたい場合は以下のようにします。 全て GUI 操作で変更する場合はこちらを参考にしてください
[1] 日本語関連のパッケージをグループインストールします。
[root@dlp ~]#
yum -y groupinstall "Japanese Support"
[2] システムの文字セットを変更します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/sysconfig/i18n
# 変更

LANG="
ja_JP.UTF-8
"
[root@dlp ~]#
source /etc/sysconfig/i18n

[root@dlp ~]#
echo $LANG

ja_JP.UTF-8
# 変更された

[root@dlp ~]#
# 試しに何かしてみる

ユーザー root のパスワードを変更。
新しいパスワード:
# 日本語になっている

[3] システム全体の文字セットは変更せず、ユーザー固有で日本語環境にするなら、以下のように個別設定をしてください。
[fermi@dlp ~]$
vi ~/.bash_profile
# 最終行に追記

LANG=ja_JP.UTF-8
export LANG
[fermi@dlp ~]$
source ~/.bash_profile

[fermi@dlp ~]$
echo $LANG

ja_JP.UTF-8
# 変更された

[4] デスクトップ環境を日本語にする場合は、上記に加え、さらにそれぞれの設定を参照してください。
GNOME Desktop
KDE Desktop
 
Tweet