CentOS 6
Sponsored Link

Apache httpd 2.4 インストール
2016/08/30
 
CentOS 6 標準の Apache httpd のバージョンは 2.2系ですが、2.4系を RPM パッケージでインストールします。
[1] CentOS SCLo Software Collections からインストール可能です。
なお、デフォルトバージョンの 2.2系がインストールされた状態でも、Software Collections パッケージは別パスにインスールされるため、複数バージョンの共存が可能となっています。
# SCLoからインストール

[root@www ~]#
yum --enablerepo=centos-sclo-rh -y install httpd24
[2] Software Collections パッケージは /opt 配下にインストールされます。
/opt 配下にインストールされたコマンドを、環境変数を読み込んで利用するには以下のように実行します。
# 環境変数を読み込む

[root@www ~]#
scl enable httpd24 bash
[root@www ~]#
httpd -V

Server version: Apache/2.4.18 (Red Hat)
Server built:   Jul 19 2016 22:15:59
Server's Module Magic Number: 20120211:52
Server loaded:  APR 1.5.1, APR-UTIL 1.5.4
Compiled using: APR 1.5.1, APR-UTIL 1.5.4
Architecture:   64-bit
Server MPM:     prefork
  threaded:     no
    forked:     yes (variable process count)
Server compiled with....
 -D APR_HAS_SENDFILE
 -D APR_HAS_MMAP
 -D APR_HAVE_IPV6 (IPv4-mapped addresses enabled)
 -D APR_USE_SYSVSEM_SERIALIZE
 -D APR_USE_PTHREAD_SERIALIZE
 -D SINGLE_LISTEN_UNSERIALIZED_ACCEPT
 -D APR_HAS_OTHER_CHILD
 -D AP_HAVE_RELIABLE_PIPED_LOGS
 -D DYNAMIC_MODULE_LIMIT=256
 -D HTTPD_ROOT="/opt/rh/httpd24/root/etc/httpd"
 -D SUEXEC_BIN="/opt/rh/httpd24/root/usr/sbin/suexec"
 -D DEFAULT_PIDLOG="/opt/rh/httpd24/root/var/run/httpd/httpd.pid"
 -D DEFAULT_SCOREBOARD="logs/apache_runtime_status"
 -D DEFAULT_ERRORLOG="logs/error_log"
 -D AP_TYPES_CONFIG_FILE="conf/mime.types"
 -D SERVER_CONFIG_FILE="conf/httpd.conf"

[root@www ~]#
which httpd

/opt/rh/httpd24/root/usr/sbin/httpd
[3] 起動/停止等の操作は通常通りです。CentOS 6 標準パッケージの httpd 2.2 との併用も可能ですが、その場合はいずれかの起動ポートをデフォルトの 80 から変更する必要があります。
# 2.2 停止

[root@www ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd stop

Stopping httpd: [ OK ]
# 2.4 起動

[root@www ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd24-httpd start

Starting httpd: [ OK ]
# 自動起動設定

[root@www ~]#
chkconfig httpd24-httpd on

 
Tweet