CentOS 6
Sponsored Link

SSL の設定
2014/08/25
 
SSL の設定して、暗号化通信ができるようにします。
[1]
[2] SSL 通信が利用できるよう設定します。
[root@www ~]#
yum -y install mod_ssl
[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/ssl.conf
# 77行目:行頭の#を削除

DocumentRoot "/var/www/html"
# 78行目:#を削除しサーバー名指定

ServerName
www.srv.world:443
# 93行目:変更

SSLProtocol
-All +TLSv1 +TLSv1.1 +TLSv1.2
# 105行目:証明書指定

SSLCertificateFile
/etc/pki/tls/certs/server.crt
# 112行目:鍵ファイル指定

SSLCertificateKeyFile
/etc/pki/tls/certs/server.key
[root@www ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

Stopping httpd:     [ OK ]
Starting httpd:     [ OK ]
[3] IPTables を有効にしている場合は、HTTPS ポートの許可が必要です。HTTPS は 443/TCP を使用します。
「-I INPUT 5」の箇所は自身の環境を確認して、適切な値に置き換えてください。
[root@www ~]#
iptables -I INPUT 5 -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 443 -j ACCEPT

[4] クライアントPC から Web ブラウザでテストページに https でアクセスします。 独自に作成した証明書のため、クライアントにインストールされておらず、以下のような警告が出ますが、 特に問題ないので次へ進みます。
[5] HTTPS でアクセスできました。
 
Tweet