CentOS 6
Sponsored Link

ユーザーのホーム領域を有効にする
2014/08/25
 
一般ユーザーが自身のホームディレクトリ内に置いたファイルを Web サイトとして公開できるように設定します。
[1] UserDir を利用できるよう設定します。
[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
# 366行目:コメント化

#
UserDir disabled
# 373行目:コメント解除

UserDir public_html
# 381行目 - 392行目:コメント解除

<Directory /home/*/public_html>
    AllowOverride
All
   
# 変更

    Options
None
   
# 変更

    <Limit GET POST OPTIONS>
        Order allow,deny
        Allow from all
    </Limit>
    <LimitExcept GET POST OPTIONS>
        Order deny,allow
        Deny from all
    </LimitExcept>
</Directory>
[root@www ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

[2] SELinux を有効にしている場合、ユーザーのホーム領域を有効にするにはポリシーの許可設定が必要です。
[root@www ~]#
setsebool -P httpd_enable_homedirs on

[root@www ~]#
restorecon -R /home
[3] 任意の一般ユーザーでテストページを作成して動作確認をします。クライアントPC で Web ブラウザを起動し、以下のように作成したテストページにアクセスできれば OK です。
[cent@www ~]$
mkdir public_html

[cent@www ~]$
chmod 711 /home/cent

[cent@www ~]$
chmod 755 /home/cent/public_html

[cent@www ~]$
vi ./public_html/index.html
<html>
<body>
<div style="width: 100%; font-size: 40px; font-weight: bold; text-align: center;">
UserDir Test Page
</div>
</body>
</html>
 
Tweet