CentOS 6
Sponsored Link

DRBD : インストール
2015/03/10
 
DRBD (Distributed Replicated Block Device) をインストールして分散ストレージシステムを構築します。
ネットワーク越しにブロックデバイス単位でミラーリングをすることが可能です。
ここでは以下のような環境を例に DRBD ストレージを構築します。
+----------------------+          |          +----------------------+
| [   DRBD Server#1  ] |10.0.0.30 | 10.0.0.31| [   DRBD Server#2  ] |
|   drbd01.srv.world   +----------+----------+   drbd02.srv.world   |
|                      |                     |                      |
+----------------------+                     +----------------------+

前提として、利用するサーバー双方に DRBD デバイスに割り当てる空きブロックデバイスが存在している必要があります。
例として、ここでは /dev/vg_r0/lv_r0 を利用して進めます。
[1] 両ホストでシステムを最新化 & 必要なものをインストールし、一旦再起動しておきます。
[root@drbd01 ~]#
yum -y update

[root@drbd01 ~]#
yum -y install gcc make automake autoconf libxslt libxslt-devel flex rpm-build kernel-devel

[root@drbd01 ~]#
[2]
両ホストに DRBD をインストールします。
DRBD は以下のサイトで最新のものを確認してダウンロードしてください。
⇒ http://oss.linbit.com/drbd/
なお、drbd-km パッケージは現在のカーネルバージョンに合わせてビルドするため、DRBD インストール後にカネールをアップデートした場合は、再度新たに drbd-km をビルドしてアップデートする必要があります。
[root@drbd01 ~]#
mkdir -p rpmbuild/{BUILD,BUILDROOT,RPMS,SOURCES,SPECS,SRPMS}

[root@drbd01 ~]#
wget http://oss.linbit.com/drbd/drbd-utils-latest.tar.gz \
http://oss.linbit.com/drbd/8.4/drbd-8.4.5.tar.gz
[root@drbd01 ~]#
tar zxvf drbd-8.4.5.tar.gz

[root@drbd01 ~]#
cd drbd-*

[root@drbd01 drbd-8.4.5]#
make km-rpm

[root@drbd01 drbd-8.4.5]#
[root@drbd01 ~]#
tar zxvf drbd-utils-latest.tar.gz

[root@drbd01 ~]#
cd drbd-utils-*

[root@drbd01 drbd-utils-8.9.1]#
./configure

[root@drbd01 drbd-utils-8.9.1]#
make rpm

[root@drbd01 drbd-utils-8.9.1]#
cd /root/rpmbuild/RPMS/x86_64
[root@drbd01 x86_64]#
rpm -Uvh drbd-utils-*.rpm drbd-km-*.rpm

Preparing...                ########################################### [100%]
   1:drbd-utils             ########################################### [ 50%]
   2:drbd-km-2.6.32_504.8.1.########################################### [100%]
 
Tweet