CentOS 6
Sponsored Link

ホストの別名の設定
2014/08/02
 
あるホスト「dlp.srv.world」を構築していたとして、そのホストへ「ftp.srv.world」という別名をつけるときは、以下のように ゾーンファイル中に「CNAME」レコードを定義します。 この別名の設定により、「dlp.srv.world」というホストへのアクセスは、「ftp.srv.world」という名前でも可能になります。
[1] ゾーンファイルに別名の設定を記述します。
[root@dlp ~]#
vi /var/named/srv.world.lan
$TTL 86400
@   IN  SOA     dlp.srv.world. root.srv.world. (
# シリアル番号更新

        2014080202  ;Serial
        3600        ;Refresh
        1800        ;Retry
        604800      ;Expire
        86400       ;Minimum TTL
)
        IN  NS      dlp.srv.world.
        IN  A       10.0.0.30
        IN  MX 10   dlp.srv.world.

dlp     IN  A       10.0.0.30
# 別名 IN CNAME 元の名前 と定義する

ftp     IN  CNAME   dlp.srv.world.

[root@dlp ~]#
rndc reload

server reload successful
[root@dlp ~]#
dig ftp.srv.world.
; <<>> DiG 9.7.0-P2-RedHat-9.7.0-5.P2.el6 <<>> ftp.srv.world.
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 62
;; flags: qr aa rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 1, ADDITIONAL: 0
;; QUESTION SECTION:
;ftp.srv.world.
IN
A
;; ANSWER SECTION:
ftp.srv.world.
86400
IN
CNAME
dlp.srv.world.

dlp.srv.world.
86400
IN
A
10.0.0.30
;; AUTHORITY SECTION:
srv.world.
86400
IN
NS
dlp.srv.world.
;; Query time: 0 msec
;; SERVER: 10.0.0.30#53(10.0.0.30)
;; WHEN: Sun Jul 10 23:32:48 2011
;; MSG SIZE rcvd: 82
 
Tweet