CentOS 6
Sponsored Link

Bacula - バックアップ対象クライアント設定 ( Windows )
2011/07/18
 
Bacula の File サービスは Windows 用も提供されているので、Windows もバックアップ対象とすることが可能です。 例として Windows Server 2008 へ File サービスをインストールしてバックアップ対象としてみます。
[1] 下記サイトから Windows 用をダウンロードしてインストールしてください。 インストールの要領はこちらとほぼ同じで、 異なるのは以下のインストールするコンポーネントで全て選択する箇所のみです。
http://www.bacula.org/en/?page=downloads
[2] インストール後以下のように設定ファイルを開きます。
[3] 設定ファイルを開いたら以下のように Director デーモンへの接続パスワードを指定してやります。
[4] 以下のように Monitor セクションはコメントにしておきます。以上で最低限必要な設定は終了です。保存して閉じてください。
[5] 編集した設定を有効にするために Fileサービスを再起動しておきます。 また、Windowsファイアウォールの設定で9102と9103ポートを許可しておいてください。
[6] Bacula Director 側の設定です。
[root@director ~]#
vi /etc/bacula/bacula-dir.conf
# 39行目あたりに追記

JobDefs {
 
# 任意のJobDefs名を設定

  Name = "Windows-Job"
  Type = Backup
  Level = Incremental
 
# Windows側のFileDaemonで指定した名前

  Client = e-fd3s-fd
 
# 任意のFileSet名を設定

  FileSet = "Windows-Backup"
  Schedule = "WeeklyCycle"
  Storage = File
  Messages = Standard
  Pool = Default
  Priority = 10
}
Job {
 
# 任意のJob名を設定

  Name = "Windows-Client1"
 
# JobDefs の Name で指定した名前

  JobDefs = "Windows-Job"
  Write Bootstrap = "/var/spool/bacula/WinClient.bsr"
}
# 101行目あたりに追記

Job {
  Name = "Win-Restore"
 
# 任意のJob名を設定

  Type = Restore
 
# Windows側のFileDaemonで指定した名前

  Client=e-fd3s-fd
 
# JobDefs の FileSet で指定した名前

  FileSet="Windows-Backup"
  Storage = File
  Pool = Default
  Messages = Standard
 
# Windowsクライアント上のリストアする場所を指定 ( 区切りは「\」ではなく「/」)

  Where = "C:/Restore"
}
FileSet {
 
# JobDefs の FileSet で指定した名前

  Name = "Windows-Backup"
  Include {
   Options {
      signature = MD5
      Compression = GZIP
   }
 
# バックアップ対象 ( 区切りは「\」ではなく「/」)

  File = "C:/Users/Administrator"
  }
}
# 177行目あたりに追記

Client {
 
# JobDefs の Client で指定した名前

  Name = e-fd3s-fd
 
# Windows クライアントのホスト名またはIPアドレス

  Address = 10.0.0.150
  FDPort = 9102
  Catalog = MyCatalog
 
# Bacula Director への接続パスワード ( Windows側で指定したものと合わせる )

  Password = "password"
  File Retention = 30 days
  Job Retention = 6 months
  AutoPrune = yes
}
[root@director ~]#
/etc/rc.d/init.d/bacula-dir restart

Shutting down bacula-dir: [ OK ] Starting bacula-dir: [ OK ]

[7] 以上で設定終了です。 バックアップの実行、および リストアの実行はリンク先と同じ要領で可能です。 バックアップ実行後、リストアをすると以下のように「Restore」フォルダが作成されバックアップファイルがリストアされます。
 
Tweet