CentOS 6
Sponsored Link

Bacula - バックアップ対象クライアント設定
2011/07/18
 
バックアップ対象クライアントで稼働させる File デーモンの設定です。
例として、ここでは以下のような環境で構築しています。
(1)  director.srv.world  [10.0.0.60]   Bacula 管理サーバ  -  Director, Storage, データベース デーモン稼働
(2)  file01.srv.world     [10.0.0.61]   Bacula クライアント  -  File デーモン稼働  ( バックアップ対象 )  
[1] Bacula クライアントに File コンポーネントをインストールします。
[root@file01 ~]#
yum -y install bacula-client bacula-console
[2] Bacula File の設定
[root@file01 ~]#
vi /etc/bacula/bacula-fd.conf
Director {
  Name = bacula-dir
 
# 15行目:Directorデーモン接続用パスワード指定

  Password = "
password
"
}
# 22-26行目:削除 ( コメントではエラーになる )

Director {
  Name = bacula-mon
  Password = "@@MON_FD_PASSWORD@@"
  Monitor = no
}
[root@file01 ~]#
/etc/rc.d/init.d/bacula-fd start

Starting bacula-fd: [ OK ]

[root@file01 ~]#
chkconfig bacula-fd on
[3] Bacula bconsole の設定
[root@file01 ~]#
vi /etc/bacula/bconsole.conf
Director {
  Name = bacula-dir
  DIRport = 9101
 
# Directorデーモンのホスト名またはIPアドレス

  address =
director.srv.world

 
# Directorデーモン接続用パスワード指定

  Password = "
password
"
}
 
Tweet