CentOS 5
Sponsored Link

rsync - ファイル/ディレクトリの同期
2015/01/19
 
rsyncを利用して、あるホスト内のファイル/ディレクトリを、別ホスト内へコピーします。
rsync の基本的な使い方はリンク先の通りで、 ローカルマシン上のあるファイル/ディレクトリをローカルマシン上の別ディレクトリにコピーするだけであれば、 単にコマンド投入のみで OK ですが、対象のいずれかが別ホストになると認証を求められるため、以下のように前もって設定をしておきます。
例として、コピー元ホスト [10.0.0.30] の /root/work 配下のファイル/ディレクトリを、コピー先ホスト [10.0.0.33] の /home/backup 配下にコピーするように設定します。
[1] コピー元ホストの設定です。
[root@dlp ~]#
yum -y install rsync
[root@dlp ~]#
vi /etc/rsync_exclude.lst
# コピー元の対象ディレクトリ内から、コピーを除外するファイル/ディレクトリを記述(相対パス)

test
test.txt

[2] コピー先ホストの設定です。
[root@www ~]#
yum -y install rsync xinetd
[root@www ~]#
vi /etc/xinetd.d/rsync
# default: off
# description: The rsync server is a good addition to an ftp server, as it \
#      allows crc checksumming etc.
service rsync
{
disable     =
no
   
# 変更

socket_type     = stream

wait     = no

user     = root

server     = /usr/bin/rsync

server_args     = --daemon

log_on_failure     += USERID

}
[root@www ~]#
/etc/rc.d/init.d/xinetd start

Starting xinetd:     [ OK ]
[root@www ~]#
chkconfig xinetd on
[root@www ~]#
mkdir /home/backup

[root@www ~]#
vi /etc/rsyncd.conf
# 名前(テキトーに)

[backupdir]
# コピー先対象ディレクトリ

path = /home/backup
# コピーを許可するホスト(コピー元ホストを指定)

hosts allow = 10.0.0.30
hosts deny = *
list = true
uid = root
gid = root
read only = false
[3] 以上の設定完了後、以下のようにしてコピー元ホストからコピーを行います。
[root@dlp ~]#
rsync -avz --delete --exclude-from=/etc/rsync_exclude.lst /root/work/ 10.0.0.31::backupdir
# 定期的に実行する場合は cronに登録

[root@dlp ~]#
# 毎日午前2時に同期実行

00 02 * * * rsync -avz --delete --exclude-from=/etc/rsync_exclude.lst /root/work/ 10.0.0.31::backupdir
 
Tweet